【竣工】2018.6 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】モダン

水平と垂直で建物とエクステリアの一体感が際立つ意匠デザイン。

最小限の構成要素で、立体感と奥行きを感じさせた バランスのいいエクステリア。
水平と垂直のラインが際立つ、シンプルモダンな邸宅。

タイル貼りのアプローチは買ううんター状にデザインし、立体感を持たせた。壁の高さをコントロールすることにより、目隠しの役割ともした。

タイル貼りのアプローチはカウンター状にデザインし、立体感を創り出した。
壁に高さをつけることにより、玄関ドアを開けた際にも通りからは目隠しとなる設計。

三枚の袖壁と植栽の配置が立体感を創る。植栽は目隠しにもなる。

平行にずらした三枚の壁と、植栽の配置により、奥行き感を演出した。
植栽の配置には、目隠しとしての用途も備えさせた。

建物の重心を安定させるために、外壁の高さを調整しコントロールした。

建物の重心を安定させるために、外構でコントールを施した。
外壁の高さを低くすることにより、重心のバランスを整えた。

中庭にタイルテラスを設え、植栽とライティングを設置。

タイルテラスとヤマボウシを設えた中庭は、建物のどの部屋から見ても、眺めのいい空間となるデザインをした。

庭に面して設えた、ウッドデッキとタイルテラス。オープンリビングとしてガーデンライフを充実させる。

ウッドデッキとタイルテラスは、広い庭に面して設えた。
材質の異なるオープンリビングとして、それぞれの用途ごとで楽しめる空間とした。

庭一面に芝を敷き詰め、開放的な空間を創った。

ご家族の寛ぎの時間のために、全面に芝を敷き開放的な庭をデザインした。
遮るものなく、尾張富士を望む 贅沢なロケーションを存分に楽しめるスペースとした。

ライティングされた夜景時の光景。植栽が建物に影を映し、優雅な夜景を創る。

ライティングされた植栽が、建物に映り立体感を創り出す。
影を創る位置や光を当てる配置バランスにまでライトの向きが緻密に計算された。

カーポートを横向きに設えることにより、建物とエクステリアのバランスとデザイン性の高さを楽しむことができる。

建物とエクステリアのフォルムを魅せるために、カーポートをあえて横向きに設えるデザインとした。
トータルバランスの良さが際立つ意匠。

犬山市 M様邸

華美な演出を一切排除し、最小限の構成要素で外構と建物のトータルバランスの良いエクステリアを仕上げた。シンプルな構造物の中で、植栽もよく映えるデザイン。

カーポートを横向きにすることにすることで、建物と壁の縦横比率の絶妙さが、通りからも見栄えの良い 魅せる邸宅とした。

水平と垂直ラインの建物には、三枚の壁を纏わせた。植栽の配置と、三枚の壁を平行にずらすことで奥行き感を持たせ、タイル貼りアプローチ下部に影を差し込ませることで、立体感を創った。

壁の高さを低くすることにより全体の重心が下がり、建物とのバランスを取る意匠デザイン。

外構のデザインにより、建物の印象をコントロールした。

植栽が目隠しともなるような配置とし、植栽や影を巧みに利用する手法を用いた。

通りに面した邸宅は、一見コンサバティブで外部を遮蔽するするかのような印象を持たせる。

反面で、ご家族が寛ぐ リビングダイニングに面した庭は 一面に芝が広がる明るい空間とした。

ウッドデッキとタイルテラスを設え、様々な用途に合わせて楽しめる、開放的な空間として仕上げた。一番の見所が尾張富士となるよう、何も設えないというデザイン。

クローズドスタイルでなくても、通りからの視線は遮蔽し、くつろげる空間を確保するデザイン外構として仕上げた。

【立地】敷地面積|920㎡ 建物面積|123㎡ 施工面積|787㎡

【主な設備】カーポート タイル貼りアプローチ 植栽 ライティング 門壁 袖壁 タイルテラス ウッドデッキ

四谷ショールーム ➿ 0120-428-758

 

Pocket


【竣工】2018.2 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

門柱と建物のディティールに統一感を感じるさせるデザイン外構。

細部にいたるまで、建物との統一感を感じさせるデザインを施したエクステリア。

コンクリートでシンプルに仕上げたエントランス。

エントランスは、清潔感のあるシンプルなコンクリート仕上げとした。

コンクート仕上げのカーポート付き駐車場スペース。

駐車スペースは、スムーズな出入りが出来るように 無駄な装飾を排した。

タイル貼りの広いアプローチ

タイル貼りのアプローチ空間を広く取るために、駐車スペースと庭とを間仕切った。

奥行きのある、階段状のタイルテラス。玄関アプローチからリビング前までを一続きとしてデザインした。

タイルテラスは、玄関アプローチからリビング前まで、奥行きを持たせるために一続きとした。
階段状のテラスは、ご家族が座って寛ぐことも出来る空間とした。

二本の植栽の配置バランスにより、奥行き感を創り出し、プライバシーを守るためのシェードもなる。

二本の植栽が敷地に奥行き感を創り出し、建物内のプライバシーを守るシェードともなるよう意匠を凝らした。

広い庭に芝を敷き詰めた。開放的な印象の庭に植栽が引き立つ。

広い敷地は、開放的な印象をそのまま活かすデザインとした。
芝をグランドカバーとし、フェンスや植栽のひとつひとつを引き立たせた。

低いフェンスは圧迫感を取り去り防犯の役割も果たす。

フェンスを低くデザインすることにより、圧迫感を取り去った。
見通しの良さが、家人の安心につながることも意図された。

門柱の建物に似たデザインのモールディングを施した。影で立体感と上品さを演出した。

門柱にモールディングを施すことにより、影を創り出し 造形に立体感と上品さをプラスした。

建物の基礎高さと、タイルテラスの高さを合わせて、建物の重心を下側に置き、シャープに引き締まった印象とディティールを似合わせて、統一感を演出するデザイン外構。

繊細なデザインが、邸宅全体の統一感を創り出す。
外構と建物のディティールの似合わせや、タイルテラスを建物の基礎の高さと合わせる等、様々な外構手法を施した。

長久手市 K様邸

広い敷地の利点を、最大限に活かしたエクステリアデザイン。

余計なものを削ぎ落としたデザインは、建物とエクステリアを最大限に引き立たせる。

門柱のデザインを建物のディティールに似合わせることにより、統一感を演出した。

門柱とフェンスを黒とすることで、建物のアウトラインとも協調し、引き締まった印象を与える。

ベージュとライトグレーの品の良い建物外構に、植栽が清涼感と奥行き間をプラスする。

それは色調にもこだわり、建造物と植栽が互いに引き立たせることを計算したデザインならでは。

敷地を囲うフェンスを低くすることで、見通しの良い空間となり、通りを往来する方の様子を室内からうかがうこともできる。

なおかつ、植栽の配置バランス、フェンスやタイルテラスの高さを操作することで、広い敷地を立体的に また 奥行きを持たせる外構手法を用いた。

品の良さの中に開放感と清涼感のあるオープンスタイルデザインとした。

【立地】敷地面積|330㎡ 建物面積|89㎡ 施工面積|241㎡

【主な設備】カーポート タイルアプローチ タイルテラス 門柱 アイアン調ドア アイアン調フェンス タイルポーチ ライティング 植栽

本山ショールーム ➿ 0120-428-758

Pocket


【竣工】2017.09 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】モダン

クローズドスタイルの外構デザイン

白とベージュと水平ラインで統一されたクローズドスタイル外構の外観。
シンプルながら凛とした気品を感じる設え(しつらえ)。

ライトアップされた外構

素材や色をシンプルにすることで実現する、夜景時のライティング効果。
ライトアップされると建物と外構の一体感を美しく浮かび上がらせます。

タイル張りのエントランス

一段上がってタイル張りエントランスへ。
そして、外壁の位置を平行にずらす外構手法で、自然に影を創り出し、奥行きとシャープな輪郭を演出。

ライトアップされた坪庭

坪庭を配した夜景。
ライトアップされた枝葉が幻想的な影を創り、真白な玉砂利に映る。
昼間とは全く違った表情に魅せられる。
風に揺れる様も美しい。

白いタイルテラスと植栽

真白なタイルとモダンなプランターが空間に奥行きを感じさせる。
個性的な植栽がアクセントカラーになり、バランスの良さが際立つ上質なテラス仕立てた。
玄関ホール前のタイルテラスが、ドアを開けると、目に飛び込んできます。

坪庭の植栽と玉砂利

本格的な造りの坪庭。
白玉砂利を敷き、重厚感のある富士石、枝垂紅葉、玉竜、寒椿、満天星躑躅を配置し、陽を浴びた白・黒・緑のコントラストが、往来する家主、来客された方の目を惹き付けます。

和室から見た坪庭の植栽と芝

和室から見る坪庭。
芝の緑が眩しく映ります。
季節ごとに色を変える植栽、趣きのある庭石に、清々とした心持ちになる空間。

ライトアップされたウッドデッキの植栽

広々としたウッドデッキの中央にシンボルツリーのヤマボウシを配置。
初夏には白い花が咲き、木陰を作る。秋には赤い実をつけ、四季を感じさせてくれるでしょう。

ウッドデッキと植栽

隣接する部屋の窓を開放するとバリアフリーのオープンリビングとして楽しめるよう、
ウッドデッキの高さを部屋の床と同じ高さにした外構デザイン。

ライティングされたタイルテラスと植栽

オーナー様が一番のお気に入りの空間とおっしゃられた、白で統一されたタイルテラスの中庭。
外部からの目線を完全に遮蔽した、リゾートホテルを思わせるような
プライベートテラスは豊かな時間を提供します。

名古屋市中区 B邸

白とベージュで統一されたモダンで品のある邸宅。

クローズドスタイルのエクステリアデザイン。

シンプルで緻密なデザインが、坪庭や植栽などの要素を引き立たせ、なおかつ統一されたエクステリアを創り出す。

コンサバティブでクールなエクステリアの印象はそのままに、通りに面して配したアオダモ。春には新緑を背景に白いフワフワとした可憐な花を咲かせ、葉を黄色に染める秋、四季の移り変わりが通りを往来する方々にも感じられ、邸宅にも彩りを添えるでしょう。

光と影、高さを利用して奥行き感を出すのはエクステリアデザインの演出テクニック。

素材の要素が引き立つ、モダンで柔らかな邸宅に仕上げました。

 

【立地】 敷地面積 | 240㎡  建築面積 |84㎡  施工面積 |153㎡

【主な設備】 門柱 袖壁 タイルアプローチ カーポート ウッドデッキ タイルテラス 坪庭 植栽 ライティング

本山ショールーム ➿ 0120-428-758

Pocket