【竣工】2018.08 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

カーポート。駐車スペース。間口の限られた都市型住宅。高低差。

閑静な住宅街であり、様々な条件のある敷地に建設された都市型住宅。
間口全体を有効に使う為、駐車スペースとし、拡がりを感じさせるデザインとした。

高低差のある敷地。デザイン。階段。アプローチに続く。外壁。最小限の構成要素。

敷地に対しての設計条件については、難易度の高い高低差が含まれる。階段や壁は、シンプルな外観の中で ひとつの構成要素として、それぞれが引き立つよう差異を効かせた仕上げとした。

タイルテラス 。奥行きをだす外構手法。植栽。オープンリビング。

リビングに面したタイルテラス は、建物や壁との一体感を感じる色調で設えた。
タイルテラスに奥行きを感じさせる為、奥に高さのあるヤマボウシを配した。

タイルテラス 。一体感。空間デザイン。

タイルテラスは、建物との一体感だけでなく、限られた空間に拡がりを感じさせるために淡い色調を用い、清潔感も感じる仕上げとした。

カーポート。ライティング。オリジナルデザイン。夜景デザイン。照明。

カーポートの設置は施主様からのオーダー。
既成のカーポートであっても、ライティングを纏った空間は、オリジナル設計ならではの景観を創った。

玄関ポーチ。高低差のある玄関。タイル貼り階段。空間デザイン。外構手法。

玄関ポーチへと続くタイル貼りの階段は、空間に立体感と奥行きを感じさせるデザイン。

ライティング。オープンテラス。タイルテラス 。

ライティングされたタイルテラスは、室内外からも眺めの良い空間を創る。
ライトの設置位置や照射角度にもこだわった照明計画とした。

フルフラット。タイルテラス 。インナーバルコニー。オープンテラス。オープンリビング。

タイルテラスは、リビングの床面に対してフルフラットの高さに設えた。
オープンリビングでありながら、インナーバルコニーのような空間とした。
そして、室内からの景色にも開放感を与える。

デザインエクステリア。ライティング。閑静な住宅街。都市型住宅。

施主様より「帰宅時に、エクステリアの灯に毎日癒されています」とご感想を頂きました。
閑静な住宅地にあって、柔らかなライティングで印象的な外構デザインとした。

名古屋市千種区 H様邸

住宅が密集し、敷地に高低差や様々な制約が設けられた中で、施主様の好みや施工の限界を引き出した、都市型住宅の外構設計。

施主様からは、カーポートとテラス、最小限の植栽をオーダーされた。

間口全体を開放し、最小限の構成要素を最大限に活かしたエクステリア。

余計なものを削ぎ落としていく手法は、敷地空間に奥行きや拡がりを持たせる。

縦のラインが印象的な建物に対して、カーポートの位置、壁や階段、色調や高さをコントロールすることにより、バランスの良い景観を創った。

カーポートの背面に割栗石を敷き詰めることにより、モノトーンで無機質な印象を与える。 建物の持つ雰囲気を壊すことなく、オリジナルデザインの格好良さが引き立つデザインとした。

庭側は壁で囲まれたプライベートな空間。そしてオープンリビングとしても活用できる オールマイティな空間でもある。

リビングに面して設えたタイルテラスは、外部を遮蔽しながらも光が差し込み、植栽も十分に楽しめるようデザインされた。淡い色調のタイルテラスは、テラス全体を拡く見せ、品の良さも創り出す。

お引き渡しの後に お話をうかがった際には、「夜景時の駐車スペースの景観や、リビングからのテラスの光景に毎日癒されています。」と嬉しい感想をいただきました。

【立地】敷地面積|143㎡ 建物面積|63㎡ 施工面積|80㎡

【主な設備】カーポート タイルテラス  外壁 タイル貼りアプローチ階段 植栽 ライティング

本山ショールーム ➿ 0120-428-758

 

Pocket


【竣工】2018.06 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

建物との一体感。デザイン外壁。スリットの壁。タイル貼り車寄せ。外構。

車寄せから、建物、壁を一続きの様に仕立てた、クローズドスタイル外構。
ゲートをくぐると、プライベートな空間が拡がるデザイン。

立派な門。豪華な門。門の屋根。デザイン外構。門扉の風格。モダンエクステリア。

重厚な門は、建物の入り口に近い位置に設え、建物に風格を纏わせた。
通りに面して、建物の一部のように大きく屋根を張った仕様は圧巻。

車寄せのタイル貼り。タイルアプローチ。高低差。外構手法。タイル貼り階段。

門から続くタイルアプローチは、車寄せゲートにも連結し、動線やデザインに一切の無駄を省いた。高低差は、緩やかな階段で品良く仕上げた。

タイルテラス 。植栽。五葉松。眺めの良いテラス。

タイルテラスは、リビングダイニングの前に設えた。
ご家族にとって 思い入れ深い 五葉松を眺めることのできる空間とした。

造園職人。作庭家。三又。景石。

昔ながらの”三又”という手法で景石を据えていく。
造園職人が、石の顔を見極めながら3人がかりでの施工工事となった。

景石。白玉砂利。視点場の考慮。坪庭。復元。作庭。

景石を配し白玉砂利を敷き詰め、静を感じる坪庭を復元した。

外壁。クローズドスタイル。スリット壁。ライティング。明かりをコントロール。採光。風の通る壁。

ライティングは 壁の天井に光が当たるようにコントロールした。
外部を遮蔽する役割を持ちながら、採光や風の通りを良くし、威圧感のないデザインとした。

ライティング。建物と外構の品の良さ。夜景。

夜景時には、敷地全体がライティングの灯りに包まれる。
建物と外構の品の良さが際立つ景観に仕上げた。

駐車スペース。車寄せゲート。庭園。庭木。植栽。景石。再利用。復元。作庭。外構。

駐車スペースは、ゲートをくぐった広い空間を存分に活用できるようにした。
庭園の面影を残す、庭木や景石を復元し、新築の邸宅と時の経過を融合させた空間を創った。

一宮市 W様

もともと広い日本庭園だった敷地に建築された邸宅。

外構や庭は、ご家族の思い入れが詰まった、既存の景石や庭木を復元させることを考慮し デザインした。

広い敷地を重厚感のある壁で囲い、ご家族のプライベート空間を確保。壁にスリットを施すことで、庭に風が通り、採光の役目も果たす。通りからも圧迫感のない外観とした。

車寄せのゲートや奢侈(しゃし)な門や壁は、建物からの一続きのように仕立てた。門にかかる屋根は、邸宅に風格を纏わせるような造りとした。

玄関へと続くタイルアプローチは、車寄せのゲートにも連結し、動線にも違和がない。天候を気にすることなく、ゆったりと室内へと向かうことが出来るよう仕上げた。

見処のひとつは、これまでご家族の歳月を見守ってきた立派な庭木や景石を復元して、新築の邸宅と融合させた作庭技術。

庭師職人が3人がかりで昔ながらの三又という手法を用いて、景石を据えていく。 実際に見えている部分は僅かかもしれない。景石自体はかなりの重量がある立派なもの。和室からの眺めを計算し、地中に埋め込みつつ、石の顔を見ながら据えていく繊細な作業。

白玉砂利を敷き詰めた、閑静な坪庭を仕立てた。

敷地の内外、どこからの眺めもいい邸宅とした。

【立地】 敷地面積|572㎡ 建築面積|147㎡ 施工面積|460㎡

【主な設備】 外壁 門周り カーポート  車寄せタイル貼り タイルアプローチ タイルテラス  坪庭 植栽 ライティング

本山ショールーム ➿ 0120−428−758

 

Pocket


【竣工】2018.6 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

クローズドスタイルエクステリア。建物とのバランスが良い。外構デザイン。

水平ラインが洗練された印象を与える、クローズドスタイルの邸宅。
建物のディティールの調和させたコンサバティヴな外構デザイン。

タイル貼りの壁。門壁。ドアのバランスの良さ。デザイン外構。

ドアは、邸宅正面からは敢えて見せないデザイン。タイル貼りの壁とドアの高さを合わせることで、正面からは見えない細部まで、バランスの良い仕上がりとした。

タイル貼りの壁。壁を平行にずらす外構手法。

シックな色調のタイルを貼った壁と白い壁を平行にずらす手法により、奥行きのある空間を創り出した。

ライティング。植栽。夜景。アクセント。

ライティングされた植栽は、玄関アプローチのアクセントとなる夜景を創る。

タイル貼りアプローチ。タイルテラス 。建物に奥行きを持たせた。

タイル貼りのアプローチと建物廻りのタイルテラス で、建物に繋がりと奥行きを持たせた。
タイルテラス を階段状にすることで、立体感も感じさせた。

広いタイルテラス 。オープンリビング。庭との繋がり。外構手法。

リビング前に設えた、広いタイルテラス 。オープンリビングとしても活用可能な空間とした。
テラスを高い位置に設えることで、庭をより広く感じさせる外構手法。

庭の芝。家族のレクリレーション。植栽。

庭は、ご家族のレクリエーションの楽しみを拡げるようにスペースを十分に確保した。
芝を全体に敷き詰め、枝葉の違いで立体感を出すために、異なる植栽をセレクトした。

夜景時。ライティング。シンプルなエクステリア。品の良いエクステリア。

夜景時にはライティングにより、昼間の印象とは異なる趣のある景観とした。
ドアを隠すデザインが、エクステリアのシンプルな品の良さを魅せる。

植栽。どの角度から見ても良い外構。ライティングと植栽のバランス。エクステリア。

様々な角度からも眺めが良い配置。植栽を両サイドに配し、位置をずらすことで立体感を創り出させた。ライティングと植栽の位置バランスもエクステリアの重要ツール。

ライティング。夜景。ライトの位置。美しい外構。外観。

ライティングされた夜景時は、伸びた影が奥行きをさらに感じさせるデザイン。
壁を照らすライトの位置をコントロールし、印象的な外観を演出した。

長久手市 Y様邸

水平ラインが印象的なエクステリアは、ベーシックスタイルの建物との相性が良いデザイン。

建物のディティールに合わせた、水平と垂直ラインの外構は、邸宅の一体感を創り出すのに不可欠な要素。

通りに面した外構デザインはモノトーンを基調とした品の良いコンサバティヴな印象を与える。

広い駐車スペースはコンクリート仕上げとし、クールで清潔感のある仕上がり。

ドアを開けた空間は、タイルアプローチ部分と岩を ヤマボウシとボックスウッドで仕切り、芝を敷き詰めた 広く明るい庭スペースを造った。

施主様のご希望は、ご家族が心からリラックスできる空間を創り、その時間を存分に楽しむこと。

くつろぎの時間を、日常の風景とは区別するために敷地を壁で囲った。また、閉塞感を感じることがないように植栽の配置や、リビングから続くタイルテラス にも、細やかな計算をした空間デザインを施した。

夏場に夕方に、芝に水撒きをしながら、お子さんが広い庭を駆け回り 水遊びも楽しまれているご様子をうかがわせていただきました。

ライティングされた夜景時の景観は、昼間の雰囲気に優雅さをプラスした見応え。

大切な時間を、大切に過ごせるクローズドスタイルエクステリア。

【立地】敷地面積|427㎡ 建物面積|83.4㎡ 施工面積|344㎡

【主な設備】カーポート タイルアプローチ タイルテラス  サイクルポート 植栽 ライティング 門袖 スロープ 外壁 扉

本山ショールーム ➿ 0120-428-758

 

Pocket


【竣工】2014 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

クローズドスタイルエクステリア。RC造のシャッターゲートと建物の一体感のある、デザイン外構。

2014年竣工、プレミアムスタイルのクローズド外構。
経年変化で、雰囲気に深みが増した邸宅。

外構と建物の一体感を演出。タイル貼りのシャッターゲート。RC造。

外構と建物との一体感を演出するために、色調を合わせた。
外構部分には 自然な陰影が特徴のタイルを使用することで差異を効かせた。

RC造の壁。花壇としてスペースを利用。外構と植栽が馴染むデザインエクステリア。

RC造の壁上部スペースを利用し、花壇を設えた。
外構と植栽が、時間とともに馴染んでゆく経過を楽しめるようデザインした。

シンボルツリーのヤマボウシ。ドアを開けた際に上部に視線が向かう、意匠デザイン。

駐車スペースからのドア正面には、シンボルツリーとなるヤマボウシを配した。
ドアを開けた際に、視線が上部に向かうようにコントールした意匠デザイン。

木調のドア。邸宅のアクセント。デザイン外構。

木調のドアは、白を基調とした邸宅のアクセントともなるようデザインした。

ライティング効果。夜景時のシャッターゲート。幻想的な夜景時。デザイン外構。

ライティングの光は、軒を照らすように設置した。
夜景時には、柱が浮かび上がる幻想的な外観を創った。

RC造シャッターゲート。立体感のあるエクステリア。モールディング。

シャッターゲートを縁取るモールディングが、年月を経て さらに立体感を風格を感じさせた。

タイル貼りの階段アプローチ。シンボルツリーを囲うようにデザイン。ライティング。デザイン外構。

タイル貼りのアプローチ階段は、ヤマボウシを囲むように設えた。
植栽の成長とともに、立体感がより深まる設計意図どおりとなった。

ライティングされたRC造シャッターゲート。駐車スペース。LED使用。夜景時の景観。デザイン外構。

ライティングされた夜景時は、一段と目を惹く景観とした。
LEDが普及し始めて、まだ間もない頃の光色が、現在も白みがかった優美さを放つ。

名古屋市昭和区 E様邸

4年の歳月を経た、クローズドスタイルエクステリアの邸宅。

通りに面して見える外観は、エレガントな印象を与える。

RC造のシャッターゲートに施したモールディングと壁を覆うタイルが、品の良い陰影を創り出すデザインとした。 建物との一体感を出しつつ、外構ならではの差異を効かせた。

駐車スペースをゲートで囲い、シャッター部とオープンなスペースを設けることで、奥行き感と開放感も感じさせた。 サインを取付けた壁の上部に花壇を設え、下に伸びた枝葉が壁を彩り、アクセントとなるように計算した。

駐車スペースからのドアを開けると、正面にシンボルツリーとなるヤマボウシが配され、視線が上部に向かうようコントロールした。

プライベートを楽しむ空間には、「植物が大好き」と仰られた家主様に合わせて、花壇スペースを設けた。タイルアプローチや、タイルテラスには、季節の鉢植えが十分に置けるスペースとして、空間を広く余裕を持ってデザインした。

撮影に伺った際には、よく手入れをされた季節のハーブや草花が元気良く育っていました。

お引き渡しから数年の歳月を経て、品の良さを保ちつつ、植栽と外構・建物が馴染んでゆく様子が よく伝わる邸宅。

【主な設備】RC造シャッターゲート カースペース タイルテラス  タイル貼りアプローチ階段 植栽 ライティング 花壇

 

四谷ショールーム ➿ 0120-428-758

 

 

Pocket


【竣工】2018.6 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】モダン

水平と垂直で建物とエクステリアの一体感が際立つ意匠デザイン。

最小限の構成要素で、立体感と奥行きを感じさせた バランスのいいエクステリア。
水平と垂直のラインが際立つ、シンプルモダンな邸宅。

タイル貼りのアプローチは買ううんター状にデザインし、立体感を持たせた。壁の高さをコントロールすることにより、目隠しの役割ともした。

タイル貼りのアプローチはカウンター状にデザインし、立体感を創り出した。
壁に高さをつけることにより、玄関ドアを開けた際にも通りからは目隠しとなる設計。

三枚の袖壁と植栽の配置が立体感を創る。植栽は目隠しにもなる。

平行にずらした三枚の壁と、植栽の配置により、奥行き感を演出した。
植栽の配置には、目隠しとしての用途も備えさせた。

建物の重心を安定させるために、外壁の高さを調整しコントロールした。

建物の重心を安定させるために、外構でコントールを施した。
外壁の高さを低くすることにより、重心のバランスを整えた。

中庭にタイルテラスを設え、植栽とライティングを設置。

タイルテラスとヤマボウシを設えた中庭は、建物のどの部屋から見ても、眺めのいい空間となるデザインをした。

庭に面して設えた、ウッドデッキとタイルテラス。オープンリビングとしてガーデンライフを充実させる。

ウッドデッキとタイルテラスは、広い庭に面して設えた。
材質の異なるオープンリビングとして、それぞれの用途ごとで楽しめる空間とした。

庭一面に芝を敷き詰め、開放的な空間を創った。

ご家族の寛ぎの時間のために、全面に芝を敷き開放的な庭をデザインした。
遮るものなく、尾張富士を望む 贅沢なロケーションを存分に楽しめるスペースとした。

ライティングされた夜景時の光景。植栽が建物に影を映し、優雅な夜景を創る。

ライティングされた植栽が、建物に映り立体感を創り出す。
影を創る位置や光を当てる配置バランスにまでライトの向きが緻密に計算された。

カーポートを横向きに設えることにより、建物とエクステリアのバランスとデザイン性の高さを楽しむことができる。

建物とエクステリアのフォルムを魅せるために、カーポートをあえて横向きに設えるデザインとした。
トータルバランスの良さが際立つ意匠。

犬山市 M様邸

華美な演出を一切排除し、最小限の構成要素で外構と建物のトータルバランスの良いエクステリアを仕上げた。シンプルな構造物の中で、植栽もよく映えるデザイン。

カーポートを横向きにすることにすることで、建物と壁の縦横比率の絶妙さが、通りからも見栄えの良い 魅せる邸宅とした。

水平と垂直ラインの建物には、三枚の壁を纏わせた。植栽の配置と、三枚の壁を平行にずらすことで奥行き感を持たせ、タイル貼りアプローチ下部に影を差し込ませることで、立体感を創った。

壁の高さを低くすることにより全体の重心が下がり、建物とのバランスを取る意匠デザイン。

外構のデザインにより、建物の印象をコントロールした。

植栽が目隠しともなるような配置とし、植栽や影を巧みに利用する手法を用いた。

通りに面した邸宅は、一見コンサバティブで外部を遮蔽するするかのような印象を持たせる。

反面で、ご家族が寛ぐ リビングダイニングに面した庭は 一面に芝が広がる明るい空間とした。

ウッドデッキとタイルテラスを設え、様々な用途に合わせて楽しめる、開放的な空間として仕上げた。一番の見所が尾張富士となるよう、何も設えないというデザイン。

クローズドスタイルでなくても、通りからの視線は遮蔽し、くつろげる空間を確保するデザイン外構として仕上げた。

【立地】敷地面積|920㎡ 建物面積|123㎡ 施工面積|787㎡

【主な設備】カーポート タイル貼りアプローチ 植栽 ライティング 門壁 袖壁 タイルテラス ウッドデッキ

四谷ショールーム ➿ 0120-428-758

 

Pocket


1 / 41234