名古屋のエクステリア・外構工事をしている FJ DESIGN PLUSです。
立面図・パースを描いているところを撮影してみました。
ご覧ください。

 

FJ DESIGN PLUS

〒464-0819

名古屋市千種区四谷通2丁目13 ルーツストーンファーストビル1F

TEL 052-781-5859

地図はこちらから

 

Pocket


 

名古屋のエクステリア・外構工事をしているFJ DESIGN PLUSです。
ブロックベース・基礎コンクリート工事の撮影をしてみました。
ご覧ください。

 

FJ DESIGN PLUS

〒464-0819

名古屋市千種区四谷通2丁目13 ルーツストーンファーストビル1F

TEL 052-781-5859

地図はこちらから

Pocket


名古屋市内の すでに新築のエクステリアができているお宅ですが、階段アプローチに置く プランターのご提案をさせていただきました。

ダークブラウンのタイル張りの住宅に映えるプランターは、イタリア SERRALUNGA社の「ミング・ハイ」です。まっ白なボディのラインはとっても斬新で存在感がありますね。置いたとたん、イタリアンモダンな空間になりました!

fullsizerender img_0651

中の植栽は、コニファーの「グロボーサ」。ボリュームがありながらふんわりした印象です。ミングハイのボディラインのイメージに合わせて軽く刈り込みをしています。

エクステリアをより素敵に演出する、こんなご提案もさせていただきます!

ぜひお気軽にお問い合わせください *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

img_1315

Pocket


夏が終わった途端に、台風が次々とやってくる季節になりました!
台風が来る前におうちの外回りの備えをしましょう。
チェックポイントを挙げました。
ぜひ参考にしてみてください。

IMG_0910

1.家の周りの排水経路をチェック!
落ち葉やゴミで塞がれた排水枡や側溝はないですか?
風が強くなる前なら、雨どいのジョイント部分もチェックするといいですね。

2.扉は鍵を閉め、シャッターや雨戸があれば、下ろしましょう。
強風で門扉がバタついたりしないよう、落とし棒や錠がしっかり降りているかチェック!
伸縮門扉はたたんで、バタつく扉は動かないよう固定しましょう。

3.アンテナや引き込み線をチェック!しっかり固定されていますか?
木の枝などが引っかかって引き込み線が切れる心配はないですか?

4.カーポートの屋根、目隠しフェンスをチェック!
枠から外れてバタバタしそうな箇所はないでしょうか?
応急処置でビスか釘で固定するか、すぐに外れそうなら事前に外しておくなどしましょう。

5.鉢やプランター、物干し竿、バケツなどは飛んだり落ちたりしないよう
できれば室内や玄関へ移動させましょう。
置き場がないなら、せめて地面の隅に集めておいて、
まとめて縛っておきます。
背の高い大きな鉢なら、あらかじめ横にしておくといいです。

IMG_0912

6.まだ植えて間もない樹木は、添え木や支柱に固定しましょう。
支柱がないなら、風圧を受けて折れないよう、枝葉を間引いて風通しを良くしておくのもいいです。
あとは無事に耐えてくれることを祈りましょう。

 

備えあれば憂いなし。ですが、何が起きるかわからない最近の災害。
状況が悪くなる前に早めのチェックを済ませたら、
あとは身の安全を第一に考えてくださいね!

Pocket


では実際の切り文字表札のデザイン。ポイントは

1.取り付ける場所でサイズを決める。2.素材を決める3.書体を選ぶ

のたった3点です。

1の「サイズを決める」は、オリジナルならミリ単位で設定できるので、例えば幅400ミリしかない門柱にぴったりの幅320ミリで、と注文できます。高さもしかりです。何もない大きな壁に付けるにしても、どこにどんな大きさがちょうどいいかを考えれば簡単です。これを市販品で選ぶとなると、まず気に入った商品にそのサイズがないことのが多いです。取り付け方法は、工事してもらうエクステリア業者さんに確認するといいでしょう。

thumb_DSC_1950_1024←四谷ショールームにあるとっても比較しやすい素材のサンプル。(SHOW-BI社製)

2の「素材を決める」は、ベースの壁の質感や色との対比、あとは好みで決めます。文字をデザインできる素材は限られていますが、塗装して好きな色にするのも可能です。

最後に3の「書体を決める」は、表札屋さんなら原稿があればそのままオーダーできるので、得意な方は書画で書いてみるのもいいですね。もちろんできない方が大半ですので、その時はすでにある書体の中からイメージの書体を選びましょう。 パソコンができる方なら、パソコンの気に入った書体で打ち込んでA3用紙ぐらいの大きさに印刷してみるとイメージしやすいです。 表札屋さんなら自社のオリジナル書体があるのでそこから選んでレイアウトしてもらうことができます。

↓FJ Designで提案するレイアウトの例。ほぼ実寸なので実際の見え方をこれで確認します。

レイアウトサンプル

レイアウトを見るだけだと、シンプルでつまらないと思うかもしれませんが、表札はそのぐらいのほうが飽きがなく長く愛せるものです。

何より、壁に文字だけという無駄のなさがすでにデザインなので、取り付けるととても存在感があります。

最後に、もうワンポイント。文字サイズが大きいとちょっと野暮ったいので大きさは控えめで考えましょう。

表札うんちく←アッパーライトの光が当たって立体的。ライトアップはぜひ合わせて考えましょう。

Pocket


1 / 212