《 BtoB会社、BtoC会社、どちらがいいのかな? 》

一般の方にはどちらがBでどちらがCなのか、見分けすら付かないと思います。

調べるとBtoB(企業向けに委託でお仕事される会社)BtoC(個人のお客様と直接請負契約を結び仕事をされる会社)と出てきます。

わかりやすいところで言うと、住宅メーカーの下請けさんとして、図面を作成して工事を行うのが、BtoB会社。ホームページ等で検索をして出てくる会社がBtoC会社になります。

BtoB会社BtoC会社、どちらの会社にも良い所、悪い所があります。

■ BtoB会社の良い所、悪いところ

住宅メーカーの下請け業者になる為には、メーカーの要求する条件(組織規模、法律的かつ社会的信用、資産状況等)をクリアしなければ業者になれない。したがって、メーカーの下請けというだけで、下請け会社として一連の条件は満たされていると言う事になりますね。

 そこで疑問に思うのは、実質的な業務はどうなのか? という疑問です。

住宅メーカーとしては、あくまでも外構工事については、付帯工事(本体工事と付帯工事にわけられます。悲しい事ですが外構は付帯です)としての位置付けとなりますので、

外構工事やエクステリア工事は契約出来ても出来なくても、本体工事への影響は少ないと考えられているんです。

 その為、BtoB会社の採用基準に担当者スキルの部分にスポットが当てられていないという実情が悲しい現実です

■ BtoC会社の良い所、悪いところ

小さな組織として運営されている会社が多く、社会的、資本的な信用を証明できるものが無いので顧客側の選別作業が非常に難しいと言う事になりますね。実際、“名古屋_外構”や、“名古屋_エクステリア” で検索してみると数えきれないほどBtoC会社さんは出てきます。選びににくくて疲れてしまうのが実情のようです。

 ただ、実績や担当者のスキルの高さを証明する為に、施工作品の画像アップや良いものを創り出すスキルアップを日々努力をしていかないと、顧客に選定して頂けなくなりますので、その点がお客様の満足に繋がるのでないかと思います。

法律的には、建設業法(各県知事許可)、設計事務所登録など、その会社の内容によって必要なものは変わりますが、その二つを揃えて持っている会社であれば悪い事は出来ませんので安心ですね。

  次回、「外構屋さんって?(3)」に続く…

Writing by N.Kato

*******

「デザイナーKatoの目線」では、FJ Design Plusの筆頭デザイナー Kato が、建築業界30年のキャリアからエクステリア業のノウハウやデザインの切り口など、毎回思いつきのテーマで語ります。Katoの昭和で名古屋な個性や仕事に対するストイックぶりも感じていただけたら幸いです。

Pocket


おしゃれな庭のイメージ

暖かくなって外で過ごすのが心地よい季節になると、がぜん戸外へと興味がいきますね!お庭の相談が多くなるのもやっぱりこの頃なんです。

新築のエクステリアを提案する時、設計図にお庭があればかならず活用できるような提案をさせていただくFJ DESIGN PLUSですが、お客様がもともとマンション暮らしだったりすると、庭で過ごすイメージがいまいち現実的でなかったり、全く想像できずに建築設計者に提案されたままで来店される人がほとんどです。

初めて家を建てる人の多くが、家が出来上がってからウッドデッキが使いにくい間取りだったとか植栽の管理が大変な事に気付きます。

そんなプランの時は、お庭の広さから部屋の窓の向きや大きさに「もっとこうした方が良いですよ」と建物の計画に口出しすることや、海外で見たような花壇や芝生の美しい庭にあこがれていたりすると、現実の管理は大変ですよ、とアドバイスしたりもします。

お客様が作りたければ作ればいい、というのはちょっとプロとして無責任な気がします。

そんなおせっかいFJ DESIGN PLUS、この「外部空間を楽しむヒント」では、主にこの庭造りにさらに踏み込んでみたいと思います。

お庭のある生活を楽しむ提案や、快適に過ごすための空間づくりのヒントを探って、これから庭を持つ人たちがもっと具体的に「庭で〇〇したい!」と思うきっかけになればと思います。

 

§1_お庭グランピングはいかがでしょう?

最初のご提案は、これからの時期にやってみたいグランピングを、お庭でできないか?というご提案です。

グランピングのイメージ

すでにキャンプでは当たり前の感覚となりつつあるグランピングというスタイル。大きなキャンプ場では常設の施設などもあり、体験したりご自身でギアを揃えて楽しんでいる人も多いかと思います。

もしマイホームの庭が少しでも自然を感じるような場所でしたら、少し庭の環境を見直しておうちでグランピングできるようにしてみませんか?

自宅の庭なら、シャワーやトイレの水回りの心配は全くありませんし、わざわざクーラーボックスに買い出しの食料を詰め込む手間もありません。なんと気軽な事でしょう!

とはいえ、あくまでキャンプという非日常空間を感じるのがポイントですから、夜の食事ににぎやかなバーベキューはあきらめて、ほんの少し明かりを落とし、密やかに流れるBGMと、親しい友人や家族と普段よりもゆっくりとささやき声で語り合ったり、家の中では感じられない虫の音やそよ風、月明りや雨音を楽しみたいものです。

グランピングと言っても最近では高級リゾートホテルの屋外ラウンジまでグランピングと呼んでいたりしますが、本来は自然の中でも快適なキャンプ空間を作りそこで豊かな時間を楽しむことを指します。もともと海外が発祥のキャンプスタイルで、起源はモンゴルのゲル(遊牧民の住居)だとか。

若い頃、本場モンゴルで数日ゲル泊した経験のある私ですが、確かにゲルはキャンプではなく「家」でした。夜明けに地面の冷たさに凍える心配もなく、窓を開けずに薪ストーブで暖をとれる事も室内で過ごす快適さと同じでした。

家族が過ごすための室内の作りは、真ん中に暖をとるための薪ストーブが置かれ(もともとは囲炉裏?)円錐状の屋根のてっぺんには換気用の穴があります。ストーブまわりのくつろぐための場所の床には何重も絨毯とフェルトを重ねてあり、一番壁側にベットが並んでいます。寝床は床ではなくベットですし、他にも収納家具があって、けっこうな広さなのに家財道具すべて持って移動できるのには驚きました。

この配置と仕様は、まさに家族がくつろぐグランピングテントにぴったりで参考になりますね。しかし今や、羊のフェルトより性能のいいテントや毛布より暖かい寝袋があるわけなので、現代の最新グッズで再現すればグランピングはもっと快適なはずですよね。

さて、いくら楽しくても、夜に庭の電気を煌々とつけたり大きな話し声は近隣の迷惑です。ご近所に配慮するという点でも、大人数でワイワイではなく、身近な人とゆったり過ごす、がおうちグランピングのイメージです。

それでも夜の光や音は気になるもの。近隣に迷惑をかけず、周囲を気にせず楽しむためにはやはり少し工夫をする必要があります。次回「グランピングのできる庭造り」でもう少し考えてみましょう。

もともとキャンプが好きでアイテムも一通り持っている人なら、庭でテントで過ごすだけだろ?いつもやってるよ、と単に考えるかもしれませんが、少し考えを変えて、いつものキャンプには持っていけないグッズを庭グランピング専用に使ってみるというのはどうでしょう。持ち運んだり組み立てたりする手間を考えなくてもいい、快適で贅沢な時間をたっぷり過ごせるかもしれません。

そんな視点で選んだグッズも「おうちグランピングにおすすめギア」でご紹介していければと思います。

 

参考Web Site: https://hyakkei.me/articles-158

Pocket


【竣工】2018.12 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】モダン

エントランスゲートの全体

建物デザインを踏襲したRC造によるエクステリアゲート

 

水平ラインを、深い軒と壁面の横スリットにて強調し、ブラックタイルの壁面と正面の吹き抜けで全体の軽やかさを演出してます。

エントランス

 

いつものように住宅と一体になるよう、エントランスゲートをデザインしました。

決して華美になりすぎないよう、最小限の要素で構成してます。

構造  RC鉄筋コンクリート

仕上げ 塗装:アイカジョリパッド吹付  壁タイル:名古屋モザイク ウォークス 床タイル:名古屋セラミック Jクオーツ

足を踏み入れると、正面吹き抜けにて視線を受け、左右のオリジナル造作ドアとブラックタイルの壁面が緊張感ある空間を生み出します。

表札:オリジナルデザイン ポスト:パナソニック ユニサス口型1Bタイプ 樹木:アオダモ

エントランスドアを開けると、坪庭が出迎えます。

無機質なエントランス空間を抜け、ここで初めて自然美を感じる仕掛けです。

白川砂利が坪庭の足元を明るくします。

樹木:アカダレモミジ  景石:富士石

アカダレモミジは敷地の庭からも楽しめます。

エントランストアプローチ

メインエントランスを抜けると、住居玄関まで開放的な空間が広がっています。

 

タイルテラスにはRC造作ベンチを設けました。

 

夕景の様子

LED照明 RCゲート ライティング エクステリア

LED照明を軒下と階段下に仕込みました。

照明器具 DAIKOライン照明 埋込型スポット照明

LED照明 RCゲート エクステリア

 

LED照明 ライティング エントランス エクステリア 外構

【住宅】 ヘーベルハウス

【主な設備】 RC造エントランスゲート タイルアプローチ オーダーフラッシュ門扉 ライティング 植栽

Design/Produce by  加藤 徳之

Pocket


新入社員の清水です!

初めてブログを書くのでブログの書き方が分かりませんが、私が知らなかったことについて書いてみようと思います。

皆さんは住宅と外構というのは別で建設、デザインできることを知っていますか??

私は、学校で建築の分野を学んできました。自分で間取りを考えて図面を書いたり、実習では測量などをして日々学んできたつもりでしたが…

この会社を知り、調べていくうちに 住宅と外構を別で造ることが出来るという事実を知りました!!

外構というのはエクステリア(門や車庫、庭やテラス )のことを指します。

一般のハウスメーカーさんでは住宅に力を入れ、外構に力を入れているところは少ないと教えて頂きました。

下の写真は私が学生時代に自主設計を考えて書いた写真です。間取りのことばかりを考えていて外構を工夫したことはありませんでした、、、💦

学生時代の製図

学生時代の製図

ですが、中身も重要ですが 、人は第一印象が大切 というくらいですので、住宅でたとえると使い勝手と同じように外観も大切だと気付きました!!

私も街を歩いてる時、形が面白いものや変わった住宅を見つけるとパッと目が行きます。

例えば、下の画像の家の隣を通りすすぎる時、思わずおっ!!となりませんか~??

おしゃれな住宅の夜景

なぜ目がいくのか考えてみると、外構がしっかりデザインされていてカッコイイからです😁!!!!

社会人になったばかりで、知らないこと(外構、エクステリア、設計、家づくり)など沢山あるので学び身につけていきたいです!

オフィスで打ち合わせ中!

オフィスで打ち合わせ中!

そして、私のように住宅と外構が別で建設、デザイン出来ることを知らなかった方々に、説明でき 素敵な家を設計することをおまかせして頂けるように、頑張って勉強していきたいです。

Pocket


「デザイナーKatoの目線」では、FJ Design Plusの筆頭デザイナー Kato が、建築業界30年のキャリアからエクステリア業のノウハウやデザインの切り口など、毎回思いつきのテーマで語ります。Katoの昭和で名古屋な個性や仕事に対するストイックぶりも感じていただけたら幸いです。

今回のテーマは「外構屋さん」。外構という工事、マイホームを建てる時に初めて知る方も多いと思います。ハウスメーカーでも外構工事できると言われたけど、ネットで検索したら他にもお店がたくさんあるみたい…。どこに頼んだらいいか悩んでいたらぜひ参考にしてください。

*** *** ***

外構工事のイメージ実は知っているようで、あまりよく知られていない外構業界。外構工事屋さんとかエクステリア工事屋さんなんて一般的には呼ばれています。

 大きく分けるとBtoB(企業向けに委託でお仕事される会社)BtoC(個人のお客様と直接請負契約を結び仕事をされる会社)に分類されます。

先ず、BtoB会社の業務形態としては、住宅メーカーや地元不動産会社などがお客様となります。その企業の担当者がいわゆる顧客となり、外構屋さんと仕様などの詳細打合せを行います。したがって、顧客の担当者はいわゆる「プロ」となるわけです。故に、外構屋さんも「プロ」が相手ですから、「こうしたい、ああしたい。」が顧客から明確に出てくるわけですから、話が早いですよね。打合せのスキルや設計のスキルは、そこそこあれば何とかなってしまう…。

 ここがミソで、BtoBに特化した外構屋さんのスキルはそんなに高くなくても出来てしまうんです。専門知識は必要ですが、顧客「プロ」が出してくれる指示どおりにトレースしていけば図面が描けてしまいますので、会社としては、打合せの時間や作図時間が短く済んでしまいます。

 自社ショールームを持つ必要が無いですし、営業に掛かる経費も広告宣伝費が要りませんので、顧客の担当者と上手くやっていければ、お仕事は自動的に外構屋さんへ流れてくる訳です。

 何はともあれ、一物件にかける経費が少なくて済みますので外構屋さんとしては少ない投資で数がこなせるわけですね。

 BtoB向けでお仕事をされている外構会社というのは、いわゆる“外構工事屋さん”と言う事になり、外構工事の施工図面を作成して工事をする会社となります。

 次に、BtoC会社の業務形態についてですが、基本的に一般のお客様が顧客となります。営業方法としては、ホームページを主体に、ありとあらゆるSNSや雑誌やWEB広告を使います。

したがって、営業経費として広告宣伝費にお金を掛ける必要があります。おまけにお客様との打合せには自社のショールームが必要となってきます。

 担当者のスキルについても、一般の顧客(右も左もわからない)がお客様になる訳ですから、それなりに高いスキルが必須ですね。ご提案する内容についても、打合せのスキルが高くなくては話になりませんし、顧客の言われるがままオペレーションしているだけでは良いプランにはなりませんよね。

  したがって、BtoC会社に特化した会社のスキルとしては、高い設計力と施工能力、営業力として自社プロモーション力が備わった会社となりますね。

 《次回、続きの記事は…》BtoB会社、BtoC会社、どちらがいいのかな?

Writing by N.Kato

Pocket


1 / 212