【竣工】2018.06 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

建物との一体感。デザイン外壁。スリットの壁。タイル貼り車寄せ。

車寄せから、建物、壁を一続きのように仕立てた、クローズドスタイル外構。
ゲートをくぐると、プライベートな空間が拡がるデザイン。

立派な門。豪華な門。門の屋根。デザイン外構。門扉の風格。

重厚な門は、建物の入り口に近い位置に設え、建物に風格を纏わせた。
通りに面して、建物の一部のように大きく屋根を張った仕様は圧巻。

車寄せのタイル貼り。タイルアプローチ。高低差。外構手法。タイル貼り階段。

門から続くタイルアプローチは、車寄せゲートにも連結し、動線やデザインに一切の無駄を省いた。高低差は、緩やかな階段で品良く仕上げた。

タイルテラス 。植栽。五葉松。眺めの良いテラス。

タイルテラスは、リビングダイニングの前に設えた。
ご家族にとって 思い入れ深い 五葉松を眺めることのできる空間とした。

造園職人。作庭家。三又。景石。

昔ながらの”三又”という手法で景石を据えていく。
造園職人が、石の顔を見極めながら3人がかりでの施工工事となった。

景石。白玉砂利。視点場の考慮。坪庭。復元。作庭。

景石を配し白玉砂利を敷き詰め、静を感じる坪庭を復元した。

外壁。クローズドスタイル。スリット壁。ライティング。明かりをコントロール。採光。風の通る壁。

ライティングは 壁の天井に光が当たるようにコントロールした。
外部を遮蔽する役割を持ちながら、採光や風の通りを良くし、威圧感のないデザインとした。

ライティング。建物と外構の品の良さ。夜景。

夜景時には、敷地全体がライティングの灯りに包まれる。
建物と外構の品の良さが際立つ景観に仕上げた。

駐車スペース。車寄せゲート。庭園。庭木。植栽。景石。再利用。復元。作庭。外構。

駐車スペースは、ゲートをくぐった広い空間を存分に仕様できるようにした。
庭園の面影を残す、庭木や景石を復元し、新築の邸宅と時の経過を融合させた空間を創った。

一宮市 W様

もともと広い日本庭園だった敷地に建築された邸宅。

外構や庭は、ご家族の思い入れが詰まった、既存の景石や庭木を復元させることを考慮し デザインした。

広い敷地を重厚感のある壁で囲い、ご家族のプライベート空間を確保。壁にスリットを施すことで、庭に風が通り、採光の役目も果たす。通りからも圧迫感のない外観とした。

車寄せのゲートや奢侈(しゃし)な門や壁は、建物からの一続きのように仕立てた。門にかかる屋根は、邸宅に風格を纏わせるような造りとした。

玄関へと続くタイルアプローチは、車寄せのゲートにも連結し、動線にも違和がない。天候を気にすることなく、ゆったりと室内へと向かうことが出来るよう仕上げた。

見処のひとつは、これまでご家族の歳月を見守ってきた立派な庭木や景石を復元して、新築の邸宅と融合させた作庭技術。

庭師職人が3人がかりで昔ながらの三又という手法を用いて、景石を据えていく。 実際に見えている部分は僅かかもしれない。景石自体はかなりの重量がある立派なもの。和室からの眺めを計算し、地中に埋め込みつつ、石の顔を見ながら据えていく繊細な作業。

白玉砂利を敷き詰めた、閑静な坪庭を仕立てた。

敷地の内外、どこからの眺めもいい邸宅とした。

【立地】 敷地面積|572㎡ 建築面積|147㎡ 施工面積|460㎡

【主な設備】 外壁 門周り カーポート  車寄せタイル貼り タイルアプローチ タイルテラス  坪庭 植栽 ライティング

本山ショールーム➿0120−428−758

 

Pocket