【竣工】2014 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

クローズドスタイルエクステリア。RC造のシャッターゲートと建物の一体感のある、デザイン外構。

2014年竣工、プレミアムスタイルのクローズド外構。
経年変化で、雰囲気に深みが増した邸宅。

外構と建物の一体感を演出。タイル貼りのシャッターゲート。RC造。

外構と建物との一体感を演出するために、色調を合わせた。
外構部分には 自然な陰影が特徴のタイルを使用することで差異を効かせた。

RC造の壁。花壇としてスペースを利用。外構と植栽が馴染むデザインエクステリア。

RC造の壁上部スペースを利用し、花壇を設えた。
外構と植栽が、時間とともに馴染んでゆく経過を楽しめるようデザインした。

シンボルツリーのヤマボウシ。ドアを開けた際に上部に視線が向かう、意匠デザイン。

駐車スペースからのドア正面には、シンボルツリーとなるヤマボウシを配した。
ドアを開けた際に、視線が上部に向かうようにコントールした意匠デザイン。

木調のドア。邸宅のアクセント。デザイン外構。

木調のドアは、白を基調とした邸宅のアクセントともなるようデザインした。

ライティング効果。夜景時のシャッターゲート。幻想的な夜景時。デザイン外構。

ライティングの光は、軒を照らすように設置した。
夜景時には、柱が浮かび上がる幻想的な外観を創った。

RC造シャッターゲート。立体感のあるエクステリア。モールディング。

シャッターゲートを縁取るモールディングが、年月を経て さらに立体感を風格を感じさせた。

タイル貼りの階段アプローチ。シンボルツリーを囲うようにデザイン。ライティング。デザイン外構。

タイル貼りのアプローチ階段は、ヤマボウシを囲むように設えた。
植栽の成長とともに、立体感がより深まる設計意図どおりとなった。

ライティングされたRC造シャッターゲート。駐車スペース。LED使用。夜景時の景観。デザイン外構。

ライティングされた夜景時は、一段と目を惹く景観とした。
LEDが普及し始めて、まだ間もない頃の光色が、現在も白みがかった優美さを放つ。

名古屋市昭和区 E様邸

4年の歳月を経た、クローズドスタイルエクステリアの邸宅。

通りに面して見える外観は、エレガントな印象を与える。

RC造のシャッターゲートに施したモールディングと壁を覆うタイルが、品の良い陰影を創り出すデザインとした。 建物との一体感を出しつつ、外構ならではの差異を効かせた。

駐車スペースをゲートで囲い、シャッター部とオープンなスペースを設けることで、奥行き感と開放感も感じさせた。 サインを取付けた壁の上部に花壇を設え、下に伸びた枝葉が壁を彩り、アクセントとなるように計算した。

駐車スペースからのドアを開けると、正面にシンボルツリーとなるヤマボウシが配され、視線が上部に向かうようコントロールした。

プライベートを楽しむ空間には、「植物が大好き」と仰られた家主様に合わせて、花壇スペースを設けた。タイルアプローチや、タイルテラスには、季節の鉢植えが十分に置けるスペースとして、空間を広く余裕を持ってデザインした。

撮影に伺った際には、よく手入れをされた季節のハーブや草花が元気良く育っていました。

お引き渡しから数年の歳月を経て、品の良さを保ちつつ、植栽と外構・建物が馴染んでゆく様子が よく伝わる邸宅。

【主な設備】RC造シャッターゲート カースペース タイルテラス  タイル貼りアプローチ階段 植栽 ライティング 花壇

 

四谷ショールーム ➿ 0120-428-758

 

 

Pocket


【竣工】2018.6 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】モダン

水平と垂直で建物とエクステリアの一体感が際立つ意匠デザイン。

最小限の構成要素で、立体感と奥行きを感じさせた バランスのいいエクステリア。
水平と垂直のラインが際立つ、シンプルモダンな邸宅。

タイル貼りのアプローチは買ううんター状にデザインし、立体感を持たせた。壁の高さをコントロールすることにより、目隠しの役割ともした。

タイル貼りのアプローチはカウンター状にデザインし、立体感を創り出した。
壁に高さをつけることにより、玄関ドアを開けた際にも通りからは目隠しとなる設計。

三枚の袖壁と植栽の配置が立体感を創る。植栽は目隠しにもなる。

平行にずらした三枚の壁と、植栽の配置により、奥行き感を演出した。
植栽の配置には、目隠しとしての用途も備えさせた。

建物の重心を安定させるために、外壁の高さを調整しコントロールした。

建物の重心を安定させるために、外構でコントールを施した。
外壁の高さを低くすることにより、重心のバランスを整えた。

中庭にタイルテラスを設え、植栽とライティングを設置。

タイルテラスとヤマボウシを設えた中庭は、建物のどの部屋から見ても、眺めのいい空間となるデザインをした。

庭に面して設えた、ウッドデッキとタイルテラス。オープンリビングとしてガーデンライフを充実させる。

ウッドデッキとタイルテラスは、広い庭に面して設えた。
材質の異なるオープンリビングとして、それぞれの用途ごとで楽しめる空間とした。

庭一面に芝を敷き詰め、開放的な空間を創った。

ご家族の寛ぎの時間のために、全面に芝を敷き開放的な庭をデザインした。
遮るものなく、尾張富士を望む 贅沢なロケーションを存分に楽しめるスペースとした。

ライティングされた夜景時の光景。植栽が建物に影を映し、優雅な夜景を創る。

ライティングされた植栽が、建物に映り立体感を創り出す。
影を創る位置や光を当てる配置バランスにまでライトの向きが緻密に計算された。

カーポートを横向きに設えることにより、建物とエクステリアのバランスとデザイン性の高さを楽しむことができる。

建物とエクステリアのフォルムを魅せるために、カーポートをあえて横向きに設えるデザインとした。
トータルバランスの良さが際立つ意匠。

犬山市 M様邸

華美な演出を一切排除し、最小限の構成要素で外構と建物のトータルバランスの良いエクステリアを仕上げた。シンプルな構造物の中で、植栽もよく映えるデザイン。

カーポートを横向きにすることにすることで、建物と壁の縦横比率の絶妙さが、通りからも見栄えの良い 魅せる邸宅とした。

水平と垂直ラインの建物には、三枚の壁を纏わせた。植栽の配置と、三枚の壁を平行にずらすことで奥行き感を持たせ、タイル貼りアプローチ下部に影を差し込ませることで、立体感を創った。

壁の高さを低くすることにより全体の重心が下がり、建物とのバランスを取る意匠デザイン。

外構のデザインにより、建物の印象をコントロールした。

植栽が目隠しともなるような配置とし、植栽や影を巧みに利用する手法を用いた。

通りに面した邸宅は、一見コンサバティブで外部を遮蔽するするかのような印象を持たせる。

反面で、ご家族が寛ぐ リビングダイニングに面した庭は 一面に芝が広がる明るい空間とした。

ウッドデッキとタイルテラスを設え、様々な用途に合わせて楽しめる、開放的な空間として仕上げた。一番の見所が尾張富士となるよう、何も設えないというデザイン。

クローズドスタイルでなくても、通りからの視線は遮蔽し、くつろげる空間を確保するデザイン外構として仕上げた。

【立地】敷地面積|920㎡ 建物面積|123㎡ 施工面積|787㎡

【主な設備】カーポート タイル貼りアプローチ 植栽 ライティング 門壁 袖壁 タイルテラス ウッドデッキ

四谷ショールーム ➿ 0120-428-758

 

Pocket