【竣工】2018.2 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

門柱と建物のディティールに統一感を感じるさせるデザイン外構。

細部にいたるまで、建物との統一感を感じさせるデザインを施したエクステリア。

コンクリートでシンプルに仕上げたエントランス。

エントランスは、清潔感のあるシンプルなコンクリート仕上げとした。

コンクート仕上げのカーポート付き駐車場スペース。

駐車スペースは、スムーズな出入りが出来るように 無駄な装飾を排した。

タイル貼りの広いアプローチ

タイル貼りのアプローチ空間を広く取るために、駐車スペースと庭とを間仕切った。

奥行きのある、階段状のタイルテラス。玄関アプローチからリビング前までを一続きとしてデザインした。

タイルテラスは、玄関アプローチからリビング前まで、奥行きを持たせるために一続きとした。
階段状のテラスは、ご家族が座って寛ぐことも出来る空間とした。

二本の植栽の配置バランスにより、奥行き感を創り出し、プライバシーを守るためのシェードもなる。

二本の植栽が敷地に奥行き感を創り出し、建物内のプライバシーを守るシェードともなるよう意匠を凝らした。

広い庭に芝を敷き詰めた。開放的な印象の庭に植栽が引き立つ。

広い敷地は、開放的な印象をそのまま活かすデザインとした。
芝をグランドカバーとし、フェンスや植栽のひとつひとつを引き立たせた。

低いフェンスは圧迫感を取り去り防犯の役割も果たす。

フェンスを低くデザインすることにより、圧迫感を取り去った。
見通しの良さが、家人の安心につながることも意図された。

門柱の建物に似たデザインのモールディングを施した。影で立体感と上品さを演出した。

門柱にモールディングを施すことにより、影を創り出し 造形に立体感と上品さをプラスした。

建物の基礎高さと、タイルテラスの高さを合わせて、建物の重心を下側に置き、シャープに引き締まった印象とディティールを似合わせて、統一感を演出するデザイン外構。

繊細なデザインが、邸宅全体の統一感を創り出す。
外構と建物のディティールの似合わせや、タイルテラスを建物の基礎の高さと合わせる等、様々な外構手法を施した。

長久手市 K様邸

広い敷地の利点を、最大限に活かしたエクステリアデザイン。

余計なものを削ぎ落としたデザインは、建物とエクステリアを最大限に引き立たせる。

門柱のデザインを建物のディティールに似合わせることにより、統一感を演出した。

門柱とフェンスを黒とすることで、建物のアウトラインとも協調し、引き締まった印象を与える。

ベージュとライトグレーの品の良い建物外構に、植栽が清涼感と奥行き間をプラスする。

それは色調にもこだわり、建造物と植栽が互いに引き立たせることを計算したデザインならでは。

敷地を囲うフェンスを低くすることで、見通しの良い空間となり、通りを往来する方の様子を室内からうかがうこともできる。

なおかつ、植栽の配置バランス、フェンスやタイルテラスの高さを操作することで、広い敷地を立体的に また 奥行きを持たせる外構手法を用いた。

品の良さの中に開放感と清涼感のあるオープンスタイルデザインとした。

【立地】敷地面積|330㎡ 建物面積|89㎡ 施工面積|241㎡

【主な設備】カーポート タイルアプローチ タイルテラス 門柱 アイアン調ドア アイアン調フェンス タイルポーチ ライティング 植栽

四谷ショールーム フリーダイヤル 0120-428-758

Pocket