【竣工】2017.12 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】モダン

 

石調のタイル敷きのエントランスにRC造りの白い シャッターゲート。建物との統一感のあるクローズドスタイル。

まるでひとつのユニットのように造られた建物とエクステリア。
建物との色や素材を合わせるのは当然、オリジナルデザインの木調の扉に至るまで、統一感を持たせる要素が盛り込まれています。

ルーフガレージ内部。シャッターゲートで暗いイメージだが透明素材とガルバニウムを組み合わせたルーフで明るい仕上がり。

一見、ビルトインに思わせるシャッターゲート付きのガレージを内部から撮影。
ガルバニウムのルーフに透明素材を組み合わせ、外観からは想像できないほど、自然光が入る明るいガレージに仕上げた。

RCのゲート、打放しと吹付けの異素材を使用。木調の扉と石調のタイル敷き、異素材のコラボレイト。

RCのゲートに、打放しのクールで無機質な質感と、吹付けを施した優美な外装をコラボレイトさせた。
木調の扉や石調タイルといった異素材が融合されたエントランス。

床に石調タイルを敷いたRC造りのゲートに木調の扉を設置。クローズドスタイルの外構を閉鎖的に見せない

クローズドスタイルの外構でも閉塞感を感じさせないのは、両サイドの木枠とガラスをあしらった扉の存在があってこそ。
この扉が魅せるデザインポイントのひとつにもなっている。

タイル敷きのアプローチの先に玄関ポーチに繋がる階段を配す。サイドには植栽。奥行きを演出。

玄関ポーチ前に階段を配することで、アプローチ全体に奥行きを感じさせ、玄関も引き締まった印象に仕立てた。
サイドに花壇を設え、立体感も演出。
シンプルな建物に、控えめながら品の良い装飾を施した。

リビングからウッドデッキへと繋がる。植栽や目隠しフェンスでガーデンライフが楽しめる。

南向きのリビングの大きな掃き出し窓から、広いウッドデッキへと繋がる。
気持ちの良い日は窓を開放して、オープンリビングとして楽しめる空間。部屋からの拡がりを満喫できます。

広々としたウッドデッキ。植栽の木漏れ日や目隠しフェンスからは風も感じる。

風と光を通す目隠しフェンスが、密集する住宅街の雰囲気を気にする事なく、庭でプライベートな時間を楽しめるでしょう。
広々としたウッドデッキに座って季節ごとの木々を愛でる時間、テーブルを置いて朝食をとる休日、簡易のハンモックを置いて寛ぐ・・・そんな楽しみ方が広がる空間。

アプローチのサイドにはライティンされた植栽。石調のタイル敷きや打放しのRCにも柔らかな灯りと影を放つ。

玄関ポーチへと続くアプローチのサイドには、ライティングされたボックスウッドが柔らかな影を創り出す。
足元を照らす優しい灯りが石調のタイルにもよく馴染み、無機質な打放しにも彩りを添える。

ライティングされた夜景時のエクステリア外観。 植栽、シャッターゲート、エントランスに気品を与える。

限られた間取りを最大限活用した、エクステリアデザイン。
夜景時のライティング光景は、それぞれの素材の質感が際立ち、デザインされた影の落とし方が、より気品を演出する。

夜景時、ライティングされたエクステリア外観正面。植栽やライティングの配置バランスにより、統一感を実現。

建物を彩る外構の美しさ。
水平ラインでデザインされた外構が、堅苦しさを感じさせないのは、建物との一体感やライティング、植栽の絶妙な配置バランスによる外構手法によるもの。
トータルバランスの妙を感じてください。

 

名古屋市東区 Y様邸

建物とエクステリアとの境目に戸惑う、白と水平ラインで統一されたクローズドスタイルの邸宅。

邸宅の顔、いわばランドマークとなる間口の床に石調のタイルを敷き、両サイドのRC造りの壁に沿って植栽を配し、奥行き感を持たせた。

建物の外壁に似合わせた白いシャッターガレージからゲート、建物上部に施された木調のスリットとの繋がりを感じる、ゲートの木調オリジナル扉。

ユニットとして受け止められがちですが、あくまで「似合わせ」であり、外構デザインとして、建物に合わせているように見せて外構の個性的な部分は譲らない。そんな姿勢が存分に発揮されています。

RCには吹付けと打放しという異なった仕上がりを施し、真白な吹付け部分と打放しのグレーにかかるルーフの影に、素材による表情の違いを感じられます。

青みがかった石調のタイル、ガラスをあしらった木調の扉などの異素材の融合、夜景時には所々に配置されたライトによって、昼間とは別の印象を魅せます。

間口を広く見せる外構手法や、配置によって奥行き感を演出する設計も勿論ですが、一番のポイントは、個性的でありながら建物と調和するという、トータルバランスの良さです。

邸宅外観からの印象を覆すような広いウッドデッキの開放感を見ていただければ、外部を遮蔽しながらも、明るい自然光を取り込み、風や木々を感じる、充実したプライベート空間を確保できるという、両立の可能性を感じていただけるでしょう。

真逆でありながら、真逆だからこそ成立するエクステリアに仕上がりました。

【立地】敷地面積|335㎡  建築面積|143㎡  施工面積|192㎡

【主な設備】タイルエントランス タイルアプローチ RC造  シャッターゲート カーポート ウッドデッキ 目隠しフェンス 植栽 ライティング

四谷ショールーム フリーダイアル 0120-428-758

Pocket